大和ライフネクストの看護・介護

Daiwa House Group

社員を知る

宮本 崇/ ケアマネージャー

2014年12月入社(1980年8月生まれ)

Q1.現在の仕事について聞かせてください。

『シーエルポート杉並』でケアマネージャーの職務についています。介護保険を活用したお客様のケアプランを立案して、ご家族にご提案。プラン通りに介護サービスが実行されているのかを確認しながら情報を収集、必要に応じてプランの修正などを行っています。

Q2.大和ライフネクストで働く以前は、どうされていましたか?
なぜこの仕事を志したのですか?

ホームヘルパーの資格を持っており、九州にある病院系列の特別養護老人ホームで6年間働いていました。その後病院に異動になり介護事務に就いた後、デイサービス企業にケアスタッフとして転職、その後ケアマネージャーの資格を取得。九州を出たことがなかったので、いつしか日本の中心地で一度働いてみたいと考えるようになりました。よりご利用者に寄り添ったコーディネートが、東京ではできるのではと考えたからです。

Q3.大和ライフネクストに決めた理由。
実際に働いて感じた魅力を教えてください。

面接の時に自分の想うところをしっかりお伝えして、理解を示してもらえたことが入社を決めた最大の理由です。特に大和ライフネクストでは、お客様を勧誘してくることを強いられないと聞き安心しました。以前はお客様の確保や、スタッフの安定雇用なども頭において働かないといけないケースもあり、純粋に業務に専念できなかったこともあったからです。お客様が安心して利用できる施設になるには、経済的基盤がしっかりしていることも大切なので、大和ハウスグループの会社ということも心強かったですね。

さらにグループでは、介護ロボットなどの開発などにもいち早く参入していて、ずっと介護系事業の枠組みの中にいた自分にとっては新鮮。将来的により多角的な視点でこのビジネスに取り組めそうで興味を持ちました。ケアプランの立て方などについても、現場の裁量に任せていただける範囲が広く、モチベーション高く働けていると思います。

Q4.プライベートの時間はどのように過ごしていますか?

オンとオフが上手に切り替えられるよう、みんなでフォローし合っていて、実際に実現できていると思います。せっかく東京に出てきたので、休日は自宅にひきこもらずに出かけようと努力していますね。自然の中をドライブするのが好きで、先日は九十九里浜の絶景を眺めて癒されました。

入社希望者の方へ

現在は数年後の主任ケアマネージャーを目指して精進しています。今の施設は訪問看護ステーションも併設されており、そちらのスタッフと相談し合う機会も多く、同じお客様の対応について話し合うことも出来るので、助かっています。